ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

 

  わたしたちは神の家族

      イエス・キリストの復活

牧師 島 田  進

 世界の中心地、地球のおへそとは、どこでしょうか。それはイエス・キリストのお墓です。2年前の20102月に聖地旅行でエルサレムのゴルゴタの丘の上に建てられた聖墳墓教会を訪ねたときに知りました。聖墳墓教会は十字架で死んでくださったイエス・キリストを記念した教会で、主イエスの十字架の立てられた所、十字架から降ろされた主イエスに香油が塗られた所、葬られたお墓などがあります。世界最古のパレスチナ地図は6世紀のマバダ地図で、その地図にひときわ大きく表記されているのが聖墳墓教会であるとのことでした。

 では、私たち人類の長い歴史で、いちばん大きな事件、重要な出来事とは、何でしょうか。それは、十字架の死から復活されたというイエス・キリストの出来事です。

 使徒パウロは「最も大切なこととして」と強い言葉でもって、イエス・キリストが十字架で死んだこと、葬られたこと、三日目に復活したことをあげて、他にも大勢、目撃者・証人がいるけれども、自分は復活のキリストを目撃したひとりであると述べています(Ⅰコリント15)

 イエス・キリストの十字架の死と、その死からの復活は、歴史上最大の事件・出来事であり、私たちすべての人間が生活し、共に生存しあっていくうえで中心とすべき出来事です。

 主イエスが十字架で死んだのは、ご自身の罪のゆえではなく、私たちの罪のためです。すべての人が自分の罪を自分で償い清算しなければなりません。償おうとしても償いできない罪過を犯しているのが私たちです。

 しかし、主イエスは私たちのその罪過を償うために、私たちに代わって私の罪過を負ってくださいました。それが主イエスの十字架の死です。主イエスが十字架の死から復活されたというのは、私の罪過を完全に贖い清算したという出来事です。

 十字架に死んで復活されたイエス・キリストを、私たちが生活の中心にするとき、私たちの人生が変わります。変えられます。なぜなら、復活されたキリストが私たちといつも共にいて導き、助けてくださるからです。
 「見よ、わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(マタイ2820)
 3.11東日本大震災、津波、そして原発事故災害に遭遇し苦渋し続けている私たちです。十字架で死んでくださったイエス・キリストの復活の出来事を私の生活の中心にしたとき、私たちに悔い改めが起こり、真の復興へと導かれると確信して祈りましょう。


フッターイメージ