1983年4月2日、フィリピンのルソン島ボトランの海で、溺れかけた二人のフィリピンの友を助けようとして、藤崎るつ記さん
(るっちゃん)は命を失いました。24歳10か月の若さでした。
 「るつ記記念基金」は、アジアの貧しい人々の役に立ちたいという彼女の夢を受け継いで日立教会が設立した基金です。

 この基金は、貧しさのために専門教育を受けられずにいるフィリピンの青年たちへの奨学基金として用いられています。

るつ記記念基金のページにようこそ!
    Welcome to RFMF page!

【お知らせ】があります! Latest NEWS!
◆1993年度奨学生のレジーナさん来日報告(2018.1.27)
Meeting with former scholar Regina held on January 24, 2018.


◆[リンクとダウンロード]のページを更新しました。(2017.12.29)

◆メリークリスマス!奨学生からの手作りのカードを掲示しました。
 Merry Christmas! Many hand-made Greeting Cards from the scholars have been received. (2017.12.25)


◆2017年11月19日の「るつ記記念基金」創設34周年記念集会の様子
 Snapshots of RFMF 34th Anniversary on November 19, 2017



過去の「お知らせ」はこちらにあります


〔ボトランの海〕
 
るつ記記念基金
Rutsuki Fujisaki Memorial Fund (RFMF)
2018年1月27日更新




























日本キリスト教団日立教会 るつ記記念基金 (C)Hitachi Church, United Church of Christ in Japan. All rights reserved.